タグ「book」が付けられているもの

手帳活用術

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
先日、手帳活用術特集ということで日経ビジネス Associe (アソシエ) 2007年 11/6号 を購入。
毎年この季節になるとお決まりの特集記事。
だから立ち読みで特集記事を簡単にサラッと目を通せばよいものの、ついつい手に取って買ってしまう。

特別付録が付いてお得感を感じるという事もあるが
買ってしまう一番の理由は、手帳特集には欠かせない糸井重里氏のインタビュー記事があるから。

糸井氏のコメントは奥が深い。
読むその時々によって、自分のツボにハマる箇所が変化するので
インタビュー記事を切り抜いておいて定期的に読み直します。

今回は「手帳は自分を助けてくれる」というテーマ。

仕事でもプライベートでも何気ないメモが自分自身の幅を広げてくれるんだな。

勉強になります。


日経ビジネス Associe (アソシエ) 2007年 11/6号 [雑誌]
B000WGUSL8

日経ビジネス Associe (アソシエ) 2007年 3/6号 [雑誌]
B000N95EMM
P.58 渋谷で働く社長のキャリアアップ塾 "忙しいほど平常心、そしてマイペースで"

いつも通勤電車の中で読んでいます。
今回はCyberAgent率いる藤田社長の連載記事が心に染みました。

自分自身現在、不幸にも3人で進めていたプロジェクトを自分ひとりで進めていくことになりました。(今のところ人員補充一切ナシ、予定もナシ)毎日が火の車&パニック。

そんな状況の中でこの記事を読みました。

(中略)自分のペースが乱されると、人間はパニックややけを起こしやすくなります。だから、仕事がやたら忙しいという時は、投げやりになっていないか自分の心に問いかけてほしいと思います。そういう時こそ、丁寧にきちんと仕事をするよう心がけてみてください。(中略)

モロにハマりました。

この連載記事を読んだ後、少し身体が楽になった気がします。

明日から(なるべく)平常心とマイペースで・・・。

人員補充が無いならとりあえずリスケだな。
冷静になって考えます。

手帳活用術

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

去年まで使用していたシステム手帳をやめ、今年からトラベラーズノート2007年ダイアリーを使っています。トラベラーズノートの大きさと革の質感がお気に入り。

今回は手帳というハードのことではなく、ソフト面(使い方)で思う事があります。

手帳はスケジュール管理だけしか使わないよ、あとはちょこっとメモが書ければいいかな。というヒトが自分の周りに多くいます。自分もまさにそうでし た。だけど去年あたりから「何か違うんじゃない?」と思い始め徐々にその疑問が大きくなり、ひとまずの結論として、手帳でスケジュール管理だけしてもあま り意味がなく、逆に自分が日々感じた、思った、考えたことを時系列にメモしておくこと(バックアップ)が非常に重要なのではないか?というところに辿り着 きました。

そう思うと無性にヒトの手帳の中身が見たい!という願望が大きくなってくるんですが、それは実際に不可能。ということで、こういう本があったので買いました。

"手帳・メモ・ノート200%活用ブック"

各界で有名な方々の手帳術が紹介されていて非常に勉強になりました。
特に"ほぼ日手帳"の生みの親、糸井重里氏のインタビューを読んで、手で文字を書くことの面白さ、大切さを改めて知りました。

Life Hacks PRESSを買ってみた

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

日々増大していく仕事のストレスを少しでも多く解放するため、早速前回のエントリーでも書いたAmazonショッピングカードを使ってこの本を買ってみた。


"Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~"

購入の理由は、

  1. GTD - シンプル&ストレスフリーの仕事術
  2. プレゼンが簡単にうまくなる
  3. マインドマップ

以上の3つ。

早く読みたいということもありAmazonで初めて「お急ぎ便(オプション:+350円)」というものを使ってみました。明日11/30中に配達してくれるみたい。

アンフェア the special コード・ブレーキング〜暗号解読を観ました。原作本「推理小説」はあんまり面白くなかったんですが、このアンフェアは非常に面白いです。

前 回の連続ドラマの時、ウチの奥さんと「安本って犯人じゃないけど何かありそうだよね」なんて話をしていたら、今回のスペシャルで犯人でした。江口洋介演じ る斉木管理官の様子も結構あやしい感じだったけど、今回のスペシャルは前回と比べると視聴者の期待の裏切り方がちょっと甘かったかな?

最後のエンドロール後、蓮見がベッドからサッと起きて誰かにCDを渡しているという、ちょっと意味深なカットを観て、この後に続く映画(2007年3月公開)が非常に気になります。


アンフェア・ザ・ムービー 最後の作戦-オペレーションZ(仮)


このスペシャルに合わせて芸能証券篠原涼子<1065>を買ってまして、明日は間違いなくストップ高か?

篠原涼子<1065>
芸能証券 篠原涼子



アンフェア DVD-BOX
秦建日子 佐藤嗣麻子 篠原涼子
B000E8RCPE

Web2.0 BOOK

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

今日はヒマなので今までなかなか読めなかったこの本を読んでます。

Web2.0 BOOK

BlogPeople loves Feedpath』キャンペーンでいただきました。

この本は、こういう分野にあまり詳しくない人でもサクサク読めます。

面白いよ!


Web2.0 BOOK
小川 浩(サイボウズ株式会社) 後藤 康成(株式会社ネットエイジ)
4844322265




Technorati Tags:

ダ・ヴィンチ・コード読み終わった!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

読み始めたのは約1ヶ月前。(参考:4/10のエントリー
実はあれから数日で読み終わってました。

点数は10点中8点。

ダ・ヴィンチ・コード 上・中・下巻 3冊セット
ダン・ブラウン 越前 敏弥
4042955061


歴史的そして美術的うんちくがテンコ盛りにも関わらず、テンポよく話が展開するのでサクサク読める本。

これを読んだ人なら分かってくれると思うけど、結局、最後はココかよ!みたいな。主人公の人に『お疲れさまでした!』とひとこと言いたいっすね。(笑

あとルーヴル美術館に行きたくなった。
絵より何より『その場所』が見たい。
でも映画で観れるんだよね?
実際にあるんでしょ?その場所。
本の最初にも

この小説における芸術作品、建築物、文書、秘密儀式に関する記述は、全て事実に基づいている。
〜 〔文庫〕ダ・ヴィンチ・コード(上)5ページ 〜

という記述があるし、しかも撮影は実物のルーヴル美術館を使って撮影したらしいよね。この話はヴィジュアルが伴っていればまた一段と面白そう。映画という限られた時間内でどうまとめられているのでしょうか?

早く映画が観たい。

The Five Star Stories

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

今日、たまたま入った本屋で目に入りコレを買った。

ファイブスター物語 (12)
永野 護
4048539507

この12巻を手にしてレジに並んでいたら11巻をまだ読んでいない事に気付きついでに11巻も買った。

このマンガ、20周年を迎えたらしい。
オレが1巻を読んだのがちょうど15歳の時。
20年かかって12巻しか出版してないんだからどうなっているんだか?
35歳にしてこの本を読む事になるとは思わなかった。
このままだと最終巻を読む頃にはジイさんになっていそうだ。
もしそうだとしたら、こんな難しい話は理解できなくなっているんだろうな。

さっき11巻を読み始めた。
10巻を読んでから早6年経過しており、話がすっかり頭から消えている。
ただでさえ難しい話。10巻以前からまた読み直さないと全く話が見えない。
ホントにファイブスター物語はやっかいな話だ。
だが話が綿密に良く作り込まれているから、話の内容が理解できた瞬間パッと目の前が明るくなり全てが啓かれる。
ホント面白い。
たぶんこの先も何だかんだ言ったところでやめられないと思う。

ダ・ヴィンチ・コード

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

今まで読んでいた「推理小説」のことは早く忘れ、「ダ・ヴィンチ・コード」(文庫)を読み始めました。

ダ・ヴィンチ・コード (上)
ダン・ブラウン 越前 敏弥
ダ・ヴィンチ・コード (上)
Angels & Demons ダ・ヴィンチ・コードの謎を解く 世界的ベストセラーの知的冒険ガイド デセプション・ポイント 上 デセプション・ポイント 下 ダ・ヴィンチ・コードの「真実」―本格的解読書決定版
by G-Tools

この本は面白い!寝る前に読めば、絶対に寝られず徹夜。朝の通勤電車の中で読めば下車し忘れる。というくらい面白い。

そして今日、買い物ついでに中巻を購入。周りには関連書籍が多数並んでいて、ハードカバーも5/20の映画公開を告知した帯をつけて並んでました。こんな面白いのならハードカバーを買っときゃ良かった!

今日買ったもの

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

今日、本を2冊買った。

推理小説
秦 建日子
4309407765

先日、最終回をむかえたTVドラマ「アンフェア」の原作本。
ドラマは全体的に言えば面白かったが、自分的に所々話の辻褄が合わず納得できない所があったので確認のため原作本を買ってみた。

陰日向に咲く
劇団ひとり
4344011023

2冊目は、劇団ひとり「陰日向に咲く」。
今日、午前中に見たTV番組でベタ褒めしてたらから買ってみた。
この本は期待できそう。

 

禁煙セラピー

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

禁煙セラピー―読むだけで絶対やめられる
アレン カー Allen Carr 阪本 章子
4845405059
買い物から帰ってきました、というか外があまりのも寒すぎて本屋だけ行って帰ってきました。(笑)

以前、職場の同僚がこの「禁煙セラピー」を読んでタバコを止めたと言っていた。タバコを止める気はないが、本は読んでみたかったので買ってみた。

さて、結果はどうなることやら。

「生協の白石さん」買いました!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

生協の白石さん遅ればせながら昨日、近所の本屋で買いました。今更、自分が紹介しなくとも有名な本ですよね。非常に面白いし、癒されます。
ですがこの本は、寝る前に本を読んでから寝る人には危険です。
サラリーマンの方なら、平日の夜は避けたほうが良いと思われます。
なぜなら、この本は全く人を寝かせてくれません。

詳細は→生協の白石さん
サイト→がんばれ、生協の白石さん!

これぞ最強・最速の解説本

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

いつの間にかというか、昨年の12/19にこんなものが発刊されていたんですね!
グランツーリスモ4"プロローグ"版オフィシャルガイドブックが!
本屋で見つけて即買いしました。

最近、グランドキャニオンをランエボ(MT.TRCなし)で走っていて、なかなかタイムが縮まらず、悩んでいるところにこの解説本は大変助かります。

ギターマガジン12月号

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Guitar magazine 12月号

 近頃じゃ、すっかり音楽雑誌から遠ざかっておったのですが、今日本屋に立ち寄ってみたらギターマガジンの表紙&特集がCharだったっていうのと、さらに『Smoky 完全スコア』という見出しにグッときて即買い。

『Smoky』-1976年9月にリリースされた記念すべきCharのデビューアルバム「CHAR」の6曲目に収録。

 当時オレはリアルタイムで聞いてないというか、こういう曲を聴く年頃じゃなかった。
この曲を初めて聞くことになったのは、それから約15年後の20歳になってから。スピード感と良い、ギターソロも当然カッコ良かったが、9thコードのカッティングが何よりもこの曲の好きな所。

 オレの20歳というと、9thコードの味を知った年。ある意味、音楽的に大人になった年だった。

Charオフィシャルサイト:http://www.char-net.com/