タグ「car」が付けられているもの

バルブ交換

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

我が愛車、ヴェルファイアのフォランプをハロゲンからHIDに変更しました。

モノの選定および入手や作業全て、社内の先輩にお願いしてやってもらいました。

以下(↓)のキットを取り付けてもらいました。

ディスチャージ・フォグ

このHIDキットはヤフオクにて10,000円以下で落札。

従来のハロゲンとは明るさが比べものにならないくらい明るくなり、見やすくなりました。
あと見た目もカッコいいッス!


▼ 参 考
TOYOTA ALPHARD&VELLFIRE VOL.2
(SAKURA・MOOK 60 ミニバンドレスアップスタイルシリーズ V)

4773094567

皇帝復活

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

本当に復活しますね。

FMotorsports F1
いったんは現役引退したものの、3年ぶりの復帰を決めた元7回の世界チャンピオンであるミハエル・ シューマッハ(40歳:ドイツ)は、今回の契約について「これはメルセデスへの恩返し」と、語っている。

昨シーズンは特に何の面白さも感じずに、いつの間にかシーズンが終了してしまったような気がします。
自分だけではなく、世間的にもF1のテンションが下がっているのでしょうか。
もしかして、ここでシューマッハを復活させて、F1人気も復活させるという魂胆なのでしょうか。

来シーズンはこのビッグニュースに乗っかって開幕戦を観てしまうんでしょうね。

 

▼ 参 考
 皇帝ミハエル・シューマッハの軌跡―Danke,Schumi!
原田 京子
4893086650

東京モーターショーに行ってきた

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

本日、第41回東京モーターショーに行ってきました。

ほぼ全ての海外自動車メーカーの出品が無いというのは驚き。 前回より規模がだいぶ縮小されていまい、今まで経験したモーターショーの中で一番寂しいモーターショーだったかもしれません。このクルマの売れない世の中ではしょうがないのか。

その中でもカッコ良いと思ったクルマが何台かありました。

■トヨタ「FT-86 CONCEPT」
トヨタのブースの中でもひと際、人だかりができてました。
ミニバンやハイブリッド車がもてはやされる時代でも、2ドアクーペというクルマもまだまだ捨てたもんじゃありません。
CA3C01070001.jpg

その昔、こういうライトウェイトスポーツ車を乗り回していたオジサンからすると、またこういうクルマが開発されるのは嬉しいです。またハチロクという呼び名が復活することは更に嬉しいこと。

ただし、ハチロクという名を復活させておきながら搭載されるエンジンが、スバルの水平対向エンジンていうのが許せないかな。ハチロクの名を使うのならやはりココはヤマハ製の4気筒エンジンにしなければならないと思います。ハチロクという名を使わないならスバル製エンジンでも何でもいいと勝手なことを思いました。

とりあえずもし本当に市販されるとすると値段が気になります。
このままだとだいぶ高そう。
市販時は内装とか全てプラスチックでいいから安くして!
足回りも自分でいじるから、そんなに良いモノ付けてくれなくて良いです。
これは現実的に欲しいクルマ。
とにかく安くしてほしいと思います。

■レクサス「LFA」
CA3C0116.jpg

このクルマもカッコ良かったな。
やっと市販されるんでしょ。
3,700万円くらいするらしいのでこのクルマはただの憧れですな。

あと、カーオブザイヤー30周年記念で歴代のクルマが展示されてました。
その中でも、トヨタ「ソアラ」には感動。
CA3C0103.jpg

今はレクサスのSC430として受け継がれてますが、懐かしいクルマです。
フェンダーミラーってのが時代を感じます。
数十年前、中学生の頃に憧れてました。
きれいに保存されていて感動しました。

今このエントリーを書いていて思うのが、私自身、2ドアクーペが好きなんだなと思いました。

今は家族の事も考えてミニバンに乗ってますが、時期が来たら2ドアクーペが欲しい。
だからFT-86CONCEPTには期待してます。
トヨタには必ず市販化して欲しい。
でも購入資金がどうかね。


オフィシャル東京モーターショーガイド〈2009〉
4863160526

その名は86(ハチロク)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

【東京モーターショー09】トヨタ、富士重工と共同でハチロクを参考出品 | レスポンス自動車ニュース(Response.jp)

トヨタ自動車は6日、東京モーターショーに富士重工業と共同開発を進めている小型FRスポーツのコンセプト『FT-86コンセプト』を参考出品すると発表した。

コンセプトカーに搭載のエンジンは、富士重工製の2リットル水平対抗を搭載しているようです。
個人的にあのレガシーとかにある「ドロロロッ~」っていうエンジン音嫌いなんです。
市販車は栄光の4A-Gとは申しませんが、トヨタ(ヤマハ)製でやってくれないでしょうか。

▼ 参 考
ハチロク虎の穴[DVD]
4779602769

LEDバルブ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
LEDバルブ


我が家のヴェルファイアが納車されて1ヶ月経過、距離もちょうど1,000km.。

1ヶ月無料点検を近所の販売店にお願いしました。

点検と同時に車幅灯とリヤのナンバー灯を最近流行のLEDバルブ(→の写真)に交換をお願いしておきました。

本当なら、オートバックスとかで買ってくりゃ良いんだけど、この歳になると自分で取り替えるのが面倒くさいし、販売店で買えば自動的に車検対応品。オジサンには楽チンです。

でもこのバルブ、ヴェルファイアのナンバー灯には使えませんでした。
バルブがソケットにカチッとハマらず、ソケットを少加工してもダメでした。
ヴェルファイア乗りの方、気をつけてください。

▼ 参 考
カーメイト(CARMATE) GIGA ポジションランプ スーパーLEDウェッジ7 BW122 BW122
B001HSMVI8

ヴェルファイア納車

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
突然ですが、
ヴェルファイア買いました。

アルファードからの代替えです。
3ナンバーの車はこれで2台目。
次はもうこんなデカくて金のかかる車は買わないと(買えないと)思います。
だから大事に乗ります。

まだアルファードの買取金が手に入ってません。
ヴェルファイアで使う金と差し引きすると、おそらくいくらか余る予定。
その余った金でカスタマイズしようと思ってます。

もしカスタマイズのエントリーがこの先無かったら、余った金の存在が嫁にバレたと思ってください。

とりあえず、夏休みに納車が間に合ってよかった。

▼ 参 考
TOYOTA ALPHARD&VELLFIRE VOL.2
(SAKURA・MOOK 60 ミニバンドレスアップスタイルシリーズ V)

4773094567

スーパーアグリF1チーム撤退

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

以前からレース活動が困難であったようですが、
本日スーパーアグリF1チーム撤退の声明がありました。

佐藤琢磨はどうなってしまうのでしょうか。
この局面から更なる反撃は可能なのでしょうか。

今後も佐藤琢磨にはF1パイロットでいて欲しいと思います。

無念・・・。



SUPER AGURI F1 TEAM | 2008年トピックス
「F1チームオーナーになるという私の昔からの夢を実現すべく、2005年11月にF1にエントリー申請をし、2006年よりスーパーアグリF1チームとして、2年と4ヶ月にわたりF1の世界で戦ってきたが、本日その活動に終止符をうつことになった。

FMotorsports F1: スーパーアグリF1チーム 撤退声明




佐藤琢磨「反撃」―TAKUMA SATO PHOTO BOOK VOLUME2 2005-2007 (NEWS mook)
松本 浩明
4891075260

タイヤ交換しました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
タイヤ交換
先月の事ですが、
いい加減、マイカーのタイヤの溝が心細くなってきたのでタイヤ交換を決意。最初はタイヤ(4本)交換のみ考えてましたが、結局19インチアルミホイールとセットで交換しました。

だって安かったんだもん、即決でした!!

買ったショップは矢東タイヤ(江戸川店)
予算は総額18万円(取り付け・窒素ガス込み、ロックナット別)でお願いしました。

当初は、できるだけツライチを狙ってリヤは9J+35を注文しましたが、近々もしからしたら新型アルファード(または現行エスティマ)に代替えするかもし れないので、現行エスティマのサイズを知人に調べてもらった所、ちょっとリヤの9J+35というサイズが太くてはみ出す可能性があるとの事だったので4本 とも同じサイズに変更しました。

フロントは写真(←)の通り、ノーマル車高でツライチ状態。シャコタンにした方がちょっとアタマが中に入ってカッコ良いかなと思います。(ワタシは代替え 近いのでやりません)リヤはスペーサーで調整した方が良いですね。(リヤは構造上シャコタンにしてもアタマは中には入らないとの事)

乗った感想は、
直進性が良くなりました。
安定感も良くなったかな。
ロードノイズは純正と変わらないような気がします。

かなり満足してます。


◇参考
(車種:アルファードAS プレミアムアルカンターラ)
MANARAY SPORT VERTEC VR5 INTERLINE
サイズ:19inch×8J +42 (4本同サイズ)
タイヤ:245/40/19 YOKOHAMA ECOS

GTを観て来た

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


今日は富士スピードウェイで開催された
SUPER GT(第3戦)を観戦してきました。

チケットは某メーカーの方に
手配していただきました。

ありがとうございました。

個人的にGT観戦は2年ぶり。
久々にあの身体に響き渡る
エキゾーストノートを体感。
GT-Rの勇姿に感動。
でも応援はSC430。

帰りは渋滞に巻き込まれないよう、
レースが終了する約30分前に
サーキットを出発。

自宅に帰ってからネットで
レース結果を確認。


ヨッシャー!
立川選手のSC430が優勝したみたい。

◇レース結果(速報)
SUPERGT.net | SUPER GT OFFICIAL WEBSITE

東京モーターショー 2007に行ってきた

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

第40回 東京モーターショー 2007に行ってきました。
といっても10/30(火)のこと。

今 回のモーターショーは女性コンパニオンが派手すぎず、出過ぎずクルマをよく引き立てていたんではないかと思いました(好感触、クルマが品よく見えた)。そ して、平日だったということもあり、週末の土・日よりは比較的に来場者数は少なめだったんでしょうか、ゆっくり興味のあるクルマ(バイクや部品)をジック リ見る事ができました。ただしNISSAN GT-R」の周りだけはスゴイ人の群れ。あまり近寄って見ることができなかったのが残念でした。

ミニスカポリスのコスプレおやじを発見!

今回のモーターショーはそれ以外に楽しめる出来事がありました。
それはミニスカポリスのコスプレをしたオッサンがいたこと。
その時の写真はコレ(↓)。



ロータスのブースでまず発見した時は、何かロータスのやらせかネタかと思いましたが、まさかロータスがそんな事をするわけが無く、ただの一般入場者のようでした。

◇次は赤かよッ!

一緒に行った知人達と一通り笑わせてもらい我々はその場を去ったわけですが、それから数時間後、我々が部品メーカーのブースを流していたらまたバッタリ出会っちゃいました。
その時の写真はコレ(↓)。



コスプレの色が青から赤に変わってます。
どこで着替えたんでしょうか、面白過ぎです。
右肩からぶら下がっている一眼レフカメラがまた変です。
オマエが写真撮ってる場合じゃねぇだろ!っと思わずツッコミたくなります。

何なんでしょうか?この人。

とにかく、こんな笑わせてもらったモーターショーは初めてでした。

ちょっとこれは・・・

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
あわせて読みたいで繋がった「のまのしわざ」さんのエントリーで
先日開催されたF1日本GPの実態がアップされていました。

F1 日本グランプリ in 富士スピードウェイ 2日目:地獄絵図 ([の] のまのしわざ)

衝撃的でした。

先日のエントリーで"ちょっと運がなかっただけ"なんていうエントリーを書いてしまいましたがとんでもない。

これは酷い。

観戦しに行かなくて良かったと素直に思いました。
家族の事を考えると、交通網等が相当な改善がなされない限り来年もTV観戦の方向で考えます。

ですが、個人的に富士スピードウェイは自宅から一番近いサーキットであり
走行会にも何回か参加している親近感のあるサーキットです。
ですから、来年こそ一人でも多くの観戦者が楽しめるイベントにしていただきたいと節に願います。


富士スピードウェイ物語―レースを観た人生を撮った
ジョーホンダ
4054031145

散々なF1日本GPだったトヨタ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
今年のF1日本GPで散々な目にあったトヨタ。

まず、今年の会場である富士スピードウェイはトヨタの持ちモノ。
観客動員数は去年の鈴鹿と比較すると今年の富士は大幅減。
確かにチケットが余っているような雰囲気だった。

そしてアクシデントも発生。
決勝日前日、富士スピードウェイ施設内の道路が陥没で2万人がサーキット内に足止めというアクシデント。
そして、決勝では第1コーナー席の観客約7千人に対し、総額3億5千万円の払い戻しという大損害。

肝心のレース結果はヘロヘロ。

今年の日本GPは、30年ぶりに富士スピードウェイでの開催でしたが
サーキットといい、F1チームといい、ちょっとトヨタに運が無かったみたい。
コレにめげず来年以降もトヨタには頑張って欲しいと思います。

今年は事情があって富士スピードウェイには行けませんでしたが
来年以降また開催されれば絶対に観に行きます。

ディスカバリーチャンネル F1:世界に挑むトヨタ
ドキュメンタリー
B000SKNWPC


▼ 参 考

FMotorsports F1:
新装なった富士スピードウェイで30年ぶりに開催されたF1日本GPだが、悪天候にたたられたこともあってか昨年までの鈴鹿サーキットのものに比べ、観客数は大幅減となった。
中日新聞:歓声 怒声 荒れた富士 『新たなF1日本GP』体感:静岡(CHUNICHI Web)
ャトルバスが入退場に使う通路で前日に発生した陥没は、通行量を減らすなどして対応したが、レース後の会場内は大混雑となり、応援疲れした観戦客たちをうんざりさせた。
FMotorsports F1: 富士スピードウェイ、3億5千万円払い戻し
これは、オーバーテイク・シーンが間近に見られるというのを売り物にした第1コーナーの仮設スタンドで、観客から肝心のストレートエンド部分が常設席の陰になって見えないという不満が続出したもの。
FMotorsports F1: トヨタ 日本GP決勝レースニュース
F1第15戦日本GP ホームGPでのポイント獲得果たせず 雨中のレースでJ.トゥルーリが13位、R.シューマッハーはリタイア

F1第4戦スペインGP

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
スーパーアグリの佐藤琢磨が8位入賞。
面白いレースだった!!
レース終盤にフィジケラをパスして
入賞確定圏内に入ってからチェッカーを受ける
までの数周はいつになくハラハラした。
レース後のインタビューで鈴木亜久里監督が
涙目だったのが感動。
はやくポディウムの一番高いところで
シャンペンを振る佐藤琢磨が見たい。
やはり日本人が活躍しないと面白くない。

佐藤琢磨以外でいうと、
マッサは別にって感じだし
アロンソもちょっとね・・・。
(ウチの奥さんはアロンソのファンみたい)
やはりハミルトンとロズベルグに目がいってしまう。
ロズベルグには良い意味でもっとレースを荒らしてほしい。

それにしてもトヨタは大丈夫なのかな?

トヨタのWeblog(ブログ)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

トヨタもWeblogをやってたんですね。
知らなかった。
日産のTIIDACUBEは有名だけど
どうなんでしょ?

佐藤隆太の自由と日本全国とラクティスブログ | http://www.ractis.com/

トヨペット店公式ブログ TOYOPET Blog

日産のWeblogの方が面白いような気がします。

ちなみにトヨタのWeblogについて語っているWeblog(↓)。
ちょっと古い記事ですが。

企業ホームページ運用術 企業ホームページ運用術 : トヨタもブログを開始 by hide

POLAR BEAR BLOG: トヨタもプロダクト・ブログを開始

NISSAN R383

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

[Zorg詳細]

先日の12/3に富士スピードウェイで行われたNISMOフェスティバルに行った時の写真。

ちょっとピンぼけですが、車はNISSAN R383という車。元レーシングドライバー長谷見昌弘氏がドライブしています。

このR383は70年の日本グランプリ出場を目指して制作されてましたが、一度も走ることがなく"幻のレーシングカー"と呼ばれていました。

その幻のレーシングカーが37年目にして蘇り、ピットロードからコースインするところを撮影。

ドリフト

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

久々にZorgに行ったら、
いつの間にかZorgにアップした写真が自分のブログにもアップできるようになっていました。

なもんでテストがてら写真をアップ。

写真は、昨年に富士スピードウェイで開催した社内イベントで行われたD1レーサー廣田 友和選手のデモ走行。

個人的にトヨタのヴェロッサでドリフトっていうのがすげぇ〜カッコ良かったッス!

トヨタ MR-S 2007年7月で販売終了

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

トヨタ MR-S の販売が07年7月で終了...最終の特別仕様車 | Response.

ト ヨタ自動車は、ミッドシップのライトオープンスポーツとして1999年に販売を開始した『MR-S』の生産を、2007年7月末で終了すると発表した。こ れに伴ってMR-Sに特別仕様車「V EDITION ・ FINAL VERSION」を設定、限定1000台で2007年1月9日から発売する.。

スープラが消え、セリカも消え、そしてMR−Sも来年中に販売終了。

これでトヨタのスポーツ系車種が全滅します。

今のトヨタの車種構成はホント面白くない。

車にはもう夢も希望もないのか?

FRスポーツクーペが欲しい。

ようはAE86みたいなやつ。


TEAM ALPHARD

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

先日、自宅の近所のガソリンスタンド(セルフ)で我が家のアルファードにガソリンを入れていたところ、ちょうど春日部ナンバーのアルファードもガソリンを入れていまして、突然そのオーナーさんからこのようなものを頂きました。

TEAM ALPHARD

「ダッシュボードに置いて頂けませんか?」とのことでした。

あまりにも突然だったもんで、自分もビックリして訳も分からず「ありがとうございます」と一言だけ言って去ってしまいました。

自宅に帰ってから改めてお礼のメールでもと思い、ネットで「TEAM ALPHARD」を検索したんですが、特にそれらしきものを見つけることができませんでした。

あの時の春日部ナンバーアルファードのオーナーさん、ありがとうございました。

トヨタ 交通安全センター モビリタ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

トヨタ 交通安全センター モビリタ トヨタ 交通安全センター モビリタで講習を受けてきました。 内容は90分間の特別プログラムでしたが、運転姿勢の確認、慣熟走行、高速フルブレーキング、低ミュー路ブレーキングが体験でき、大変面白く勉強ができました。 特に面白かったのが低ミュー路ブレーキングの講習で、最初にABSVSCをオフにした状態で走行し、次にABSVSCをオンにしてもう一度同じコースを走行してクルマの挙動がどう変わるのか体験します。 ABSVSCをオフにして低ミュー路を走行すると面白いくらいクルマがスピンします。またスピンした後、教官がさわやかに言う『ナイス、事故で〜すっ!』の一言には車内で爆笑。 今までVSCなんていらねぇ〜よ!なんて思ってましたが、今回の講習でちょっと見方が変わりました。 あと気に入ったのが、モビリタの教習車で使用されているマークX。グレードは250Gだったと思います。

久々に6気筒のセダンに乗りました。良いッス6発は!エンジンの吹け上がりと良い、出だしのトルクと良い。でも音は昔の直列エンジン(1G、1JZとか2JZ)の方が良かったな。今現在、4気筒エンジンのミニバンユーザーなので非常にうらやましく思いました。